良いチームづくり 記事まとめ

42
チームが自走するためにやったことの備忘録

チームが自走するためにやったことの備忘録

はじめに 事業会社に転職しました。一応デザイナーという職種なんですが、いわゆるデザインっぽい作業は3日しかやってません笑 入社して約3週間駆け抜けてきたので、自分自身の振り返りも兼ねてチームが自走するために行ったことを備忘録としてまとめます。何かのお役に立てれば幸いです。 1. <下地>納得感と期待感をつくる 私が入社して少し経って着手したのがCSチームが使う管理画面のリニューアルでした。 私が入社した時点で、すでにリニューアル計画は半年ほど続いており、その中で度重なる

スキ
83
チームの症状と処方の考察

チームの症状と処方の考察

はじめに 自己紹介を少しさせてください。 私はクライアントワークで約30名規模の開発チームに1年間ほどジョインしていました。役割は5〜10名のエンジニアで構成されるチームのプロダクトオーナーとしてだったり、UIデザイナーとPMのチームのスクラムマスターとしてだったり、色んな形でチームに接してきました。 その中で経験したことが、広木大地さんの著書である「エンジニアリング組織論への招待 不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング」を読んで色々整理されたので、チームが陥りが

スキ
375
チームのスピードをあげるのは「ルール」である

チームのスピードをあげるのは「ルール」である

「ルール」と「マニュアル」。 この2つの言葉を聞くと、蕁麻疹がでるほど嫌悪感をもつ人も多いのではないでしょうか。 私もあれしろこれしろと言われることが大嫌いなので、この2つにはあまりいい印象がありませんでした。 しかし、ファーストキャリアで大企業に入社したことで、「誰でもひとめで理解できる環境」をつくる意識が芽生え、またその後転職するたびにその価値の大きさをひしひしと感じるようになりました。 「ルール」と「自由」は相反する概念のように感じますが、実は自由度をあげるため

スキ
118