マガジンのカバー画像

PxTX

24
PxTX(People by Team Experience)の思いやレポートをまとめています。
運営しているクリエイター

#TeamExperience

メルカリ・アトラエに学ぶ「いいチームは世界で変わらない!」って話

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ、伝えてみよう2019年7月5日に開催されたPxTX。今回のセッションは以下のメンバー。このnoteシリーズもやっと最終セッションまできた。 楠木 建氏( Kusunoki Ken ) 一橋大学大学院 経営管理研究科 教授 小泉 文明氏( Koizumi Fumiaki ) 株式会社メルカリ 取締役社長 兼 COO 新居 佳英氏( Arai Yoshihide ) 株式会社アトラエ 代表取締役 ビジョンは国境を超えるメルカリは

スキ
4

Google、ミラティブ から学ぶチーム論

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ、伝えてみよう2019年7月5日に開催されたPxTX。今回のセッションは以下のメンバー。 Google、ミラティブだけでなく、トヨタ、リクルートの話から海外事例まで出てきて面白い。 馬田 隆明氏( Umada Takaaki )  東京大学 産学協創推進本部 FoundX 本郷テックガレージ・ディレクター 赤川 隼一氏( Akagawa Junichi ) 株式会社ミラティブ 代表取締役 河村 大督氏( Kawamura Da

スキ
5

【PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ】Wellbeing × Team 持続的な成果を生み出す

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ、伝えてみよう 石川 善樹氏( Ishikawa Yoshiki ) 予防医学研究者博士(医学) 永山 晋氏( Nagayama Susumu ) 法政大学 経営学部 准教授 楽天ピープル&カルチャー研究所 アドバイザリーボードメンバー 島津 明人氏( Shimazu Akihito) 慶應義塾大学 総合政策学部 教授 和田 有子氏( Wada Yuko ) 株式会社電通 人事局 HRM業務推進部長/バイタリティ・デザイン・プ

スキ
1

【PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ】Fan × Team ファンを作るチーム論

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ、伝えてみよう今回のセッションは「ファンを作る」文脈で我々が話をお聞きしたい方々。 このようなカンファレンスで冒頭にダンスが披露されるのは、初めてではなかろうか?笑  最高の始まり! 改めて本セッションのご登壇者の紹介。 KITE氏( Masai Kaito)  ストリートダンスバトル 世界チャンピオン 亀田 誠治氏( Kameda Seiji ) 音楽プロデューサー・ベーシスト 加地 倫三氏( Kaji Rinzo ) 

スキ
2

【PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ】Product × Team 最高のプロダクトが生まれる瞬間

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ、伝えてみよう今回のセッションは「プロダクトを生み出す」文脈で我々が話をお聞きしたい方々だ。 当日はイベント裏で動き回っていたのでしっかりとセッションを聞くことが出来なかったが、改めて聞くとさすが及川さんのファシリテーション。ファシリテーターをお願いさせて頂いて本当に良かったというのが動画を見終えての感想だ。 それでは、私にとって学びだったり、感銘を受けたりしたことを書いてみる。 スピーカーの皆さんにとってのプロダクトは何か?ま

スキ
3

【PxTXのセッションを聞いて得たことまとめ】Sports × Team 勝つチームの特徴

PxTXのセッションを聞いて得たことまとめてみよう PxTXの運営でほとんどセッションが聞けなかった為、各セッションの動画をみはじめている。一番楽しみだった瞬間だ笑 各セッションで私が得たことで、多くの方に伝えてみたいと思うことをまとめてみる。 振り返ると名言集っぽい記事になった。 私の解釈も入ってしまっているかもしれないのでその点は予めご了承頂きたい。 Sports × Team(勝つチームの特徴)のセッション登壇者 1回勝つのは簡単だが、勝ち続けるのは難しい(岡田

スキ
4

チームだからできた7つのこと 〜PxTXを振り返って〜

7/5に日本最大級のチームリーダーカンファレンスPxTXを開催してきた!People by Team Experience(以下、PxTX)を開催。当日は700名超の方々にご来場頂き、アトラエ初の大型カンファレンスとして総じて良かったと思っている。 ご来場の皆様のイベント全体満足度は84.14点(100点満点/7段階評価で5.9)。常に100点満点を目指して頑張っているが、諸々の反省点もあるので、今回は及第点をなんとか取れたと信じたい笑。 さてさて、noteのお題企画

スキ
13

このチームだからできたイベント。このチームだからできたデザイナーとしての成長。

1000人規模のイベントのデザインとチーム先日ヒカリエで行われたチームをテーマにしたイベントPxTX。お陰様で沢山の来場があり、反響も沢山いただいた。 今回なぜこのイベントを行ったのか 詳しくはここの記事に。 こんな想いのもと企画されたのがこのPxTX.(People by Team Experience) 今回このイベントでは制作物諸々のデザインを担当させてもらい、当日はカメラマンをしていた。PxTXの裏側のチームが個人的に超学びになって、刺激盛りだくさんだったのでフ

スキ
16

チームアトラエだからできた初主催のカンファレンス「PxTX」

7/5にアトラエ初となるチームを学ぶカンファレンス「PxTX」を主催しました。そのチームの一員として主に体験・制作まわりを見させてもらいました。今回メディアスポンサーのnoteさんとのお題企画「#チームだからできたこと」がまさにこのカンファレンスはアトラエというチームだからこそできたことだなと思い、書いてみました。 まずメインで動いてた3人(もりやまん、ゆうやん、と僕)が背中を預けたりカバーし合ったり臨機応変に動けていたと思う。企画段階からお互いのカンファレンスでやりたいこ

スキ
39

新しい組織づくりの波が来た!NewWave!!

いよいよ今日ヒカリエでPxTXが開催される。 PxTX 。People by Team Experience。 Team Experienceという概念は新しいチームづくりの概念だ。 デザインという視点でみてみるとチームづくりも面白い。 新時代到来というように、チームづくりの新しい波がすぐそこまで来ている。個人の時代がどうこう叫ばれているが、結局のところ、アフリカのことわざで言うように、 早くいくならひとりで行け。遠くに行くならみんなで行け。 きっとこの言葉に尽きる

スキ
6

日本最大級のチームリーダーカンファレンスPxTX開幕!

日本気象協会によれば朝は雨降らなそうイベントに出かける時、天気が良い方がいい。先ほど、tenki.jpを見たら以下の通りだった。 年には念を入れてみようと思って相談。 美しい心をお持ちの子どもたちの「てるてる坊主」に期待するママ社員指導のもと、てるてる坊主作り作戦開始! 途中経過。てるてる坊主にテンション高め! てるてる坊主完成!!!!!!!! とても楽しみなオープニングセッション!SYOアーティスト・吉川壽一先生のSYOINGパフォーマンス!!吉川先生はNHK大河

スキ
8

本日のPxTX運営チームの様子〜準備編〜

PxTXの開催は5日後となった。 後4回の夜があけるとイベント当日を迎える。今日は準備のワンシーンをオフショット的にお送りする(世の中のニーズはないかもしれない)。 結果として、アトラエオフィスと19新卒の紹介も兼ねることを期待。 当日ご来場の皆様にお配りする予定のトートバック。(現在、人気爆発中の価値観カードも一緒に) トートバックに封入する予定の資料を整理してくれる19新卒。 左:データサイエンティストのホープ!  右:胴回し回転蹴りが得意なエンジニア 盗撮

スキ
7

Team Experience Design 〜チームをデザインする〜

従業員の個々の体験も当然大事ですが、チーム一丸となり活き活きと働くような体験も大事にしたいという想いから、私たちは「Team Experience」を提唱しました。どうして「Team Experience」なのか。 偉大なプロダクトやサービスは偉大なチームから生まれる蓄音機、白熱電球、電話など1000以上も発明した「発明王」トーマス・エジソンはチームで活動していたそうです。孤高の天才のような印象がありますが、優秀な人材を集めひとつの大きなチームを自ら率いてたくさんの実験や研

スキ
101

PxTX(People by Team Experience)運営チームの中

はじめに2019/7/5(金)に開催予定のPxTX当日まであと7日なった。 1,000人超イベントの企画/運営は初体験なので、日々学びが多い。 運営チームが振り返るためと「今どんな状況なの?」とみんなに伝えるために記事を書いてみる。 そもそも何のためにイベントやるの?今回の目的は以下。wevoxの販促のためのイベントではない。 1.Team Experience(以下、TX)の啓発 2.来場者の方々の行動変容(「We Are The Team期」の状態へ) イベント

スキ
6