良いチームづくり 記事まとめ

42
【Sansan様の事例共有】在宅勤務が従業員エンゲージメントに与える影響の分析

【Sansan様の事例共有】在宅勤務が従業員エンゲージメントに与える影響の分析

はじめに本記事では、Sansan株式会社の前嶋さんによる分析の詳細を紹介します。 以前の弊社での調査結果と同様に、職種によってテレワークの影響や、各種人事施策の効果が異なるという結果が出ています。今回は、two-way固定効果モデルという計量経済学でよく用いられる手法で統計的に厳密に調査されています。 Sansan株式会社 人事部 戦略人事グループ 前嶋 直樹 さん 東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。同博士課程在籍中。専攻は社会学。社会ネットワーク理論を用いて、

スキ
19
組織作りのヒントとなるオススメ本7選📕

組織作りのヒントとなるオススメ本7選📕

私たちwevoxチームはwevoxを通して、色々な会社様と組織作りについてお話をさせていただく機会があります。オススメの書籍を聞かれることがありましたので、今回はwevoxのカスタマーサクセスメンバーが読んだ中で、組織作りのヒントとなるオススメ本をご紹介します! 過去にも最強チームを作るためのオススメ本10冊をまとめた記事がありますので、こちらも是非御覧ください。 📕人は話し方が9割 💁 こんな方におすすめ 人とのコミュニケーションの基礎やネタに困っている方 ✍おすすめ

スキ
12
えっ!まじか!😲称賛(ええやんやるやん)を受けている人がいるチームのエンゲージメントスコアは、全く受けていないチームと比較して「全パラメータが高い📈」という衝撃

えっ!まじか!😲称賛(ええやんやるやん)を受けている人がいるチームのエンゲージメントスコアは、全く受けていないチームと比較して「全パラメータが高い📈」という衝撃

①称賛(ええやんやるやん)を受けて嫌な人はいますか??? 断言できます。私は昭和生まれですが「褒めて伸びるタイプ」です😤 けど、これって世代によるものなの?というと実は違うようで、 国内ではこの分野で圧倒的に強い、Uniposさんの記事にもある通り、称賛(褒める)という行為は、下記のような効果が学術的にも認められています。 ①内発的動機づけを高める ②「好意の返報性」が働き、職場の関係性がより良くなる ②ピアボーナスという領域 そこで国内でも近年注目を集めているのが、

スキ
40
社内ラヂオのすゝめ (組織開発に活用して分かったことやオススメのポイント)

社内ラヂオのすゝめ (組織開発に活用して分かったことやオススメのポイント)

僕は今、50名くらいのエンジニアリング部門で組織開発を担当していまして、「組織文化の形成」とか「MISSION・VISION・VALUEの浸透」なんかに取り組んでいます。 その施策として、社内ラジオを始めてみました。 最初は『うまくいくかなー?』と不安な気持ちもあったのですが、なんだかんだ放送回数も15回を突破しました。 『あれ、思ったよりアリだな』と、そこそこ手応えを感じるようになったので、備忘録がてら、気づいたことやオススメするポイントなんかを残しておこうと思います

スキ
15
社内ラジオのススメ〜今の時代に合った社内コミュニケーションとは?〜

社内ラジオのススメ〜今の時代に合った社内コミュニケーションとは?〜

wevoxカスタマーサクセスのMiki(@mikidh_atrae )です。今回は、自社内で行っている施策である社内ラジオについて書きたいと思います! 1.はじめに(社内ラジオを始めたきっかけ) アトラエでは、4月からテレワークが本格的に始まりました。私のチームでは、朝の雑談Timeなど、メンバー同士のコミュニケーションを行う施策を実施してきました。しかし、それでもwevoxの”人間関係”スコアを見ると、下降傾向が見られていました。 また、別の文脈ではありますが、個人的

スキ
16
自分の価値観をシェアするとチームは少し変わるかもしれない

自分の価値観をシェアするとチームは少し変わるかもしれない

wevox values card が発売されて1ヶ月がたちました。 色んな方々が使っていただきおかげさまで、かなりの反響をいただいました。価値観シェアするという些細なことの価値がチーム作りにとても重要だという発見もありました。 wevox values cardを作った経緯はこちら👇 このカードゲームを通じて価値観のシェアが起こることがチームを1歩前に進める重要な要素なのかもしれません。 ❶ 世の中には色んな価値観がある。チームの中にも色んな価値観がある。 we

スキ
142
チームだからできた7つのこと 〜PxTXを振り返って〜

チームだからできた7つのこと 〜PxTXを振り返って〜

7/5に日本最大級のチームリーダーカンファレンスPxTXを開催してきた! People by Team Experience(以下、PxTX)を開催。当日は700名超の方々にご来場頂き、アトラエ初の大型カンファレンスとして総じて良かったと思っている。 ご来場の皆様のイベント全体満足度は84.14点(100点満点/7段階評価で5.9)。常に100点満点を目指して頑張っているが、諸々の反省点もあるので、今回は及第点をなんとか取れたと信じたい笑。 さてさて、noteのお題

スキ
13
チームの相互理解を深める「wevox values card」で遊んでみた。

チームの相互理解を深める「wevox values card」で遊んでみた。

先日、組織のエンゲージメント計測ツール「wevox」でお世話になっているアトラエさんの2周年イベントに参加してきました。 そこで、とっても面白いカードゲームを頂きました。 こちら、遊ぶだけで自分やチームメンバーが大切にしている「価値観」が分かるというもの。 今期、私たちのチームでは「普段なかなか言語化されない個人の価値観や暗黙知を、いかにチーム共有の資産にしていくか」をテーマに、様々な試みを行っているところ。 これは是非試したい!! ということで、早速チームメンバー

スキ
34
”チームを強くする”wevox流効果的なアクションの話

”チームを強くする”wevox流効果的なアクションの話

wevoxカスタマーサクセスのMiki(@mikidh_atrae )です。 5月が終わり、6月月初にwevoxチーム全体の定例振り返り会を実施しました。具体的には、前月のやったことを振り返りのフレームワークとwevoxのスコアを使って話すというものです。全部で約1時間掛けて行います。 以前は、KPTというフレームワークを利用して実施していましたが、最近はYWTというフレームワークを使っています。 ↓↓↓前回の様子はこちら↓↓↓ YWTは、Y(やったこと)・W(わかっ

スキ
5
チームメンバー同士の理解を深める方法〜キックオフミーティングを通して〜

チームメンバー同士の理解を深める方法〜キックオフミーティングを通して〜

wevoxカスタマーサクセスのMiki(@mikidh_atrae )です! 怒涛の4月が終わり、5月が始まりました。少し時間は経ちましたが、先月wevoxチームでキックオフをしたので、その様子を今回はまとめたいと思います。ちなみに、"キックオフミーティング"とは、プロジェクトを開始する際の最初のミーティングを指します。 毎回半期に1回、wevoxチームはキックオフを実施しています。毎回主催者が工夫を凝らして、会を盛り上げます。今回は、たけてつさんとミナト君が企画・準備を

スキ
12