良いチームづくり 記事まとめ

42
社内ラジオのススメ〜今の時代に合った社内コミュニケーションとは?〜

社内ラジオのススメ〜今の時代に合った社内コミュニケーションとは?〜

wevoxカスタマーサクセスのMiki(@mikidh_atrae )です。今回は、自社内で行っている施策である社内ラジオについて書きたいと思います! 1.はじめに(社内ラジオを始めたきっかけ) アトラエでは、4月からテレワークが本格的に始まりました。私のチームでは、朝の雑談Timeなど、メンバー同士のコミュニケーションを行う施策を実施してきました。しかし、それでもwevoxの”人間関係”スコアを見ると、下降傾向が見られていました。 また、別の文脈ではありますが、個人的

スキ
16
チームメンバーが一瞬で笑顔になった話

チームメンバーが一瞬で笑顔になった話

wevoxカスタマーサクセスのMiki(@mikidh_atrae )です。 はじめに(こんな方にオススメの記事です) 今回、私達wevoxチームがチームをよりよくするために実際にやった取り組みをお伝えます。 「社内のコミュニケーションを増やしたい!」 「メンバーを笑顔にしたい!」 「なかなか褒め合う文化がないな〜」 と思っている方々にオススメです。 終わった頃にはメンバーには笑顔が見られて、心が温かくなります。 "ほめかるた"との出会い 今回の取り組みは、私がT

スキ
16
チームの文化には地球最大級の力がある、そう信じてチームビルディングしようぜ。

チームの文化には地球最大級の力がある、そう信じてチームビルディングしようぜ。

しゅんしゅしゅんです。 「チーム」と「組織」の違いってなんでしょう? ダニエル・コイル先生の「最強チームをつくる方法」の前書きの中で、監訳者である楠木先生がこう述べている。 ・組織…企業でいえば、その会社、もしくはある事業部門のように、資本や会計の論理でひとまとめにされている全体 ・チーム…お互いの相互依存関係が日々の活動の中で認識し合える範囲にある人びとの集団 なるほど。この定義だと家族もチームと言えますね。 一方、「世界最高のチーム」の中で、ピョートルさんはチ

スキ
22
構成メンバーの能力なんかではなく、その相互作用の強さで、強いチームを見極める。

構成メンバーの能力なんかではなく、その相互作用の強さで、強いチームを見極める。

しゅんしゅしゅんです。 チームの強さを評価する時に、何を見ますか? 結局、チームに所属しているメンバー個々の能力に注目してしまいがちじゃないですか?どうしても、スタープレイヤーとかダメプレイヤーの技量やその数に注目してしまう。後は新人の数や旧人の数、その割合などに目が向く。いずれにしても個々の足し上げの考え方になっている。 でもね。ダニエル・コイル先生の「最強チームをつくる方法」の中ではこう書かれている。チームの強さは相互作用で評価される、と。 まあ言われてみたら確か

スキ
19
敬意を持って問いかけてみよう

敬意を持って問いかけてみよう

こんにちは! 最近機械的なIoTにハマっているでざぱらです。 今回のテーマは、「敬意を持って問いかけてみよう」です。 もともとコミュニケーション空間の設計などをしていましたが、最近対話について興味が出てきて、対話の中で出てくる相手のことを知るための問いかけについて興味を持ち本を読んだり、考えてみたりしました。その問いかけについて書いていきます。 敬意を持って問いかける 敬意を持って問いかけることは、相手のことを知ることであり、チームのパフォーマンスを上げることへ繋がり

スキ
7
チームビルディングに悩んでいる方はこの5冊(+2冊の漫画)を読むと、世界が明るくなる。

チームビルディングに悩んでいる方はこの5冊(+2冊の漫画)を読むと、世界が明るくなる。

しゅんしゅしゅんです。 組織論にはそんなに興味はないですが、チーム論には興味があります。 なんでだろう。うーん。個人の相互作用性が強いからかな。チームメンバーたった一人の一挙手一投足で、チームはすぐにダメになる。すぐに良くもなる。とても人間味があるから面白いんでしょうね。 「人の悩みは全て人間関係であり、人の幸せの根源もまた人間関係である」と思っている派なんですが、だからこそ良いチームで働いていると、それだけで幸せです。多分、仕事内容に興味がなくても、会社に悪い奴が多く

スキ
54
デザイン思考マネジメント

デザイン思考マネジメント

マネジメントを行われている管理職の方で、実際にマネジメントにおける最適なプロセスについて深く洞察さている方はいらっしゃいますか? そんな皆様にはぜひ「デザイン思考」の考え方を取りいれていただけると、今よりきっとうまくいくはず!という事を紹介したいと思っています。 リーダーとマネージャーは別物 まず前提として、組織のリーダーシップと、メンバーをマネジメントすることは全く別のことだと言われています。 スティーブン・コヴィーの『7つの習慣』ではこう定義させていました。 ・

スキ
129